XCOM GLOBAL 2020年度新卒採用

OPEN MENU

PERSON | 社員インタビュー

管理部 国際グループ
上野 陽平

2013年 入社
2013年4月 新卒入社。同年5月 業務部 テクニカルサポートグループへ配属。
2014年6月 管理部 国際グループへ異動。2016年8月 チームリーダーに昇格。

現在の仕事内容を教えてください

2つのミッション:
より良いサービスの
提供/コスト削減

国際グループは海外より当社の商材となる回線、機器の調達がメインの業務です。また大きなコストが発生するのも商材です。
お客様により満足していただけるサービスを提供できるよう、仕入れ先と交渉を重ねその上で調達を行います。

エクスコムを一言で言うと

One team!です

今までの「失敗」経験を教えて下さい

お客様にご納得
いただけず上席対応に

テクニカルサポートグループに所属していた際、ご渡航後に現地でご利用ができなかったというお客様へ謝罪のご連絡をした際、私からの謝罪ではお客様に納得いただけず上司に代わってほしいと伝えられました。最終的には上司に対応を代わってもらい上司と話された後ご納得いただけました。
ご迷惑をおかけした事実に対しお客様へ謝罪の意が伝わらなかったという点、まだまだでした。

「失敗」を経て成長した所

お客様の声から
今後にどうつなげるか

上司に対応してもらった後フィードバックをもらい、その中で自分には「相手の立場にたつ」こと、「お客様の声をしっかり聴くこと」がまだまだだったということがわかりました。それ以降は、まずお客様の声をしっかり聴き、お客様はどういう点についてご不満なのか、そして今どうするべきか、今後どうするべきかを考え、それをお伝えしつつお詫びをするようになりました。
お客様の声により敏感になるという点においてその時成長した瞬間でした。

頑張って良かった、と思った瞬間

お客様からご満足の
お声をいただけた

自分たちが調達したものがお客様の手元にわたり、そして満足のお言葉をいただいたときに(お客様に直接かかわる部署からの共有という形ですが)、頑張っていて良かったと感じます。

仕事の醍醐味

当社サービスに関わる
すべての人のために

国際グループではお客様により満足してもらえるサービスの提供と、同時に会社のコストの削減のミッションがあります。
毎日ですがこれらミッションをもとに日々改善を行うことがこの仕事の醍醐味です。

仕事で大切にしていること

取引先との意思疎通、
お客様の存在を忘れずに

海外の取引先とコミュニケーションをとる際、意思疎通が日本人同士の場合より難しくなるため、相手がこちらの伝えている内容をきっちりと理解できるようシンプルに説明や記載するよう意識しています。また、相手の国により対応スピードが違うため対応が遅いところには逐一チェックと催促をしスムーズにことが運ぶよう進めています。
またお客様と直接かかわることのない部署ですが、利用していただけるお客様がいての自分ですので感謝の気持ちを常に忘れず仕事を行っています。

1年後エクスコムで、どんな存在でありたいか教えて下さい

本当の意味で
仕事ができる人