XCOM GLOBAL 2020年度新卒採用

OPEN MENU

PERSON | 社員インタビュー

営業部 西日本グループ(大阪支店)
松本 貴雅

2016年 入社
2016年4月 新卒入社
2016年5月 営業部 西日本グループ(大阪支店)に配属

現在の仕事内容を教えてください

イモトのWiFiでお客様に
喜んでいただく

海外へご渡航される法人のお客様に対して「イモトのWiFi」を提供しております。海外での通信手段は様々ありますが、その中のWiFiルーターのレンタルサービスはまだまだ認知されていないものでもあります。弊社のサービスをまずは知っていただくこと、そして使っていただけるように提案しています。法人様の海外渡航時の通信費の削減や現地での業務の効率化でお役立ていただいております。営業の中でも新規営業をしており、「イモトのWiFi」をできるだけ多くの人に知っていただき、喜んでもらえるように日々関西を駆け回っています!

エクスコムを一言で言うと

チャンスに溢れた
個性豊かなサバンナ
~全員がライバル~

今までの「失敗」経験を教えて下さい

未熟さがまねいた
“資料不足”

法人営業部に配属されてから、最初の数回の商談は先輩や上司の方々に同行していただきます。商談は基本の提案資料を用いて行いますが、お客様からいただく質問は様々あります。その当時、商談中にお客様からの質問に対して回答する資料がなく答えることができないことがありました。先輩に同行していただいていたため、すぐに横から資料を出していただきお客様に迷惑をかけるとはありませんでしたが、もし、1人で商談をしていたら答えることができていませんでした。
お客様の前では、新人なんて関係ありません。1人のプロの営業マンとして時間を作っていただいているお客様に満足していただく提案をしなければなりません。

「失敗」を経て成長した所

“準備”によっていろんな
可能性が生まれる!

資料不足という「失敗」を経て学んだことは「準備」です。この準備はすべての物事にあてはめることができます。商談で言えば、お客様の会社の情報を事前に調べたり、こんな質問が来た時のためにこの資料を準備しておくなど、一つの商談がどのように進むのかイメージすることであらゆる準備をし、お客様に満足していただくようにします。
「失敗」以降、準備をすることで商談の中身の質も良くなり、お客様の満足した顔を見ることも増えました。また、「なにかあったら松本さんに連絡しますね!」などのお言葉を頂くこともあります。準備をした結果、信頼という大事なものまで生み出すことを肌で感じました。

仕事上で経験した一番の転機

商談後に言われた
上司の一言

自分のための商談ではなく、お客様のための商談に気づいた時です。初めのころは、自分が言いたいこと、伝えないといけないことだけを一方的に話していました。上司の方に、「今日の商談は楽しくなかったね」と言われたこともあります。この一言がきっかけで、何のためにお客様に時間を頂いているのかを考えました。それ以降は、お客様中心の商談を心がけて、自分は聞き手になり悩みを引き出すようにしています。その悩みや問題点に対して、弊社のサービスがどこで役に立つのかを提案するスタイルで現在は営業をしています。
実際に、意識を変えたことで登録や受注を頂く回数も圧倒的に増えたこともあり、上司の一言が転機になったと思います。

頑張って良かった、と思った瞬間

自分の努力で、
使っていただけて
喜んでもらえる。

お客様から法人の登録を頂いた時、そして受注を頂いた時です。新規営業をしていますが、架電から始まり、アポイントを取って訪問します。その商談でサービスの説明やメリットを伝えて導入して頂けるように提案しますが、もちろん簡単には登録をもらうことはできません。ヒアリングを行い、どこに悩みがあるのか、弊社のサービスを使うことでメリットはあるのか、お客様の立場に立って一緒に考えることが必要です。その結果、「法人登録をしたい」と言っていただけた時に頑張ってよかったと感じます。また、その法人のお客様から実際に受注が入り使ってもらえるとわかった時は、本当にガッツポーズでました。それくらい嬉しいものです。

仕事の醍醐味

多種多様なお客様に
会える楽しみ!

なんといってもお客様と直接会えることです。現在は法人の新規営業をしておりますが、エクスコムのお客様は業種を問わず、海外へ渡航される方々すべてが対象です。なので、色々な仕事をしている人々に会うことができます。大企業になれば総務部の方や情報システム部の方とお会いして一緒に考えます。中小企業やベンチャー企業ではその会社の代表取締役の方に直接提案することもあります。
このように様々な業種や立場の人達と直接会うことができるのは法人営業だからできることです。そして、お客様からも本当に多くのことを学ぶことができ、日々成長できる環境です。これは法人営業だからだからこその仕事の醍醐味であると感じています。

仕事で大切にしていること

愚直に取り組み
失敗もする。
とにかく
やってみること!!

私が今、1年目の社会人として大切にしているのは、何事も「愚直」に取り組むことです。愚直の意味を調べると、バカ正直なさまとでてきますがその通りの解釈で大丈夫です。1年目の自分にできることはほとんどありません。しかし、できるできないではなく、本気でその1つ1つの業務に取り組むことはできます。とにかく目の前にある業務に対してまずはやってみる、愚直にやってみるということを日々心がけています。エクスコムは失敗ができる環境があります。愚直に取り組むこと、失敗を積み重ねることで自分にしかない強みを見つけることができると思っています。今はとにかく愚直を積み重ねて成長していきます!

1年後エクスコムで、どんな存在でありたいか教えて下さい

大阪支店はもちろん
エクスコムに欠かせない
営業マン!